異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。20話のネタバレ感想

異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。第20話です。

オセル国の上空に大量の魔物が現れ、ツキナ達は町へと急ぐ。
そこには、結界を壊さずに魔物を倒すことができる呪文を覚えたヨウタがいた。

膨大な魔力量を使い、呪文を唱えるヨウタだったが、ツキナは違和感と身体の痛みを感じていて止めようとしたが魔法は発動してしまった。

その結果、ツキナの使った結界が壊れてしまった。空には大量の魔物、ツキナ達はこの難局を打開できるのか、20話のネタバレです。

 

前話19話の内容のおさらい
1)平凡な暮らしを満喫していたツキナは、イルと共にお祭りへと向かう。
2)大切なものが増えていき、オセルで生きていくことを決意し、イルとの仲はさらに深まる。
3)ある日突然、国の上空に大量の魔物が現れる。
4)急いで向かったツキナ達の前に、怪しげな魔法の本を手にしたヨウタが魔物を倒すという。
5)ヨウタのはなった攻撃魔法がツキナが作った結界を壊してしまった。

 

異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。20話のネタバレ感想

結界が破られてしまい、町には大量の魔物が入り込んでしまった。ヨウタは魔力を使い果たしてしまい、攻撃魔法をだすことができない。

イル達が向かおうとしていたが、ツキナは決心する。それは、イル以外の人前で大魔法を使うことだった。
戦うことも救世主だということを知られるということも怖いツキナだが、みんなを守りたい一心で大魔法を使い、再度結界を張った。

ツキナはヨウタに自分も転生者であることを告白し、人を救うことへの在り方を教える。
魔力を使い果たしたツキナは気を失ってしまい、意識の中で神様と対話する。

そこで、これまで起こったことのお礼に、救世主であることを町の人に知られにくくすると約束される。

目を覚ました後、町の被害は最小限に抑えられたこと、ヨウタが非を詫びたあとにも国の人から応援されこれからもこの国で生きていくことを聞かされる。

ツキナが眠ている間、イルの想いや発言をベオークから聞き照れるツキナ。また、平凡な日々が過ぎようとしていた。

 

20話は展開が早かったですね。ツキナの結界が壊れた前話はどうなるのか不安でしたが、ツキナが再度大魔法を発動してくれたので大事に至らなかったので安心しました。
それにしても、ヨウタの一方的な行動は思いが強いです。ツキナのためにしたのか、自分をアピールするためだったのか、若いからただただ真っすぐなんでしょうね。
真っすぐすぎるヨウタにもっと広く世界をみる事を伝えたツキナは、さすがアラサーです!
ヨウタに謎の魔法本を渡したと思われる人物が怪しい。しかも、最後にツキナの店に現れるし。一体何を考えているのか謎すぎます。
このあと、平凡を望むツキナがどんなことに巻き込まれ!?ていくのか、楽しみです。

 

ツキナの結界魔法が最強説

転生後に様々な魔法を習得していったツキナですが、日々の生活で魔法を使うことで魔力自体がレベルアップしていました。
再度張った結界は、前回よりもさらに効果があるらしく、国の安全を守られてよかったです。

 

転生者は戦争のもと?

大魔法は国に繁栄をもたらすが、一方では強力な力となり他国に狙われる可能性があります。
平凡に暮らしたいツキナは、そんな大事になることを望んでおらず、イル以外に救世主であることを隠していました。

再度、結界をはるために大魔法をイル以外の人のいる前で使ってしまったのですが、そこは登場人物たちの優しいところで、みんな秘密にしてくれています。

神様も手伝ってくれているなんて、ツキナはみんなに愛されている存在ですね。

 

再び平凡な日々を過ごしているツキナでしたが、最後に怪しい人物があらわれていましたね。この人は一体誰なんだろう。
それにしても、この怪しい子がめちゃくちゃきれいな顔立ちで、お姉さん惚れてしまいそうです。
ツキナの魔力を狙っている他国の人物なのか、それとも自分の目的でツキナに近づいているのか気になるところです。
平凡な暮らしを望んでいるのに、転生してからいろいろな事がおきてしまうツキナの運命を今後も楽しみに読みたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました