「最強の王様、二度目の人生は何をする?」第128話のネタバレ感想

最強の王様、二度目の人生は何をする? 第128話です。

不可解な事ばかりが起こる中で、誰しもが今までとは違う雰囲気を感じていた。
アーサーの周りも自分のレベルを必死に上げようと努力を続けている。
そんな中、アーサーは何を知り、どう行動していくのか、展開が次々に変化していく中で第128話のネタバレを紹介します。

② 前話第127話の内容のおさらい
1)アーサー達の通う学校のトライユニオン講堂が何者かの襲撃を受け、懲戒委員会のメンバーは急ぎかけつけた。
2)講堂の火事は無事に鎮火したが、懲戒委員会のメンバーはこの襲撃に関わっていると思われるチャールズを問い詰める。
3)状況証拠がないこと、襲撃の後処理のためチャールズは解放されたが、不敵な笑みを浮かべ去っていく。
4)混乱の中だったが、イライジャからアーサーの無事を聞いた懲戒委員会のメンバーは一安心する。
5)誰からも慕われるアーサーに嫉妬しながらも、アーサーの優しさを知っているイライジャは強くなるために一人鍛錬を行っていた。

 

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」第128話のネタバレ

神のもとからエレノア王国へと向かったアーサー。
突然の爆発が起こったかと思えば、その場にいたのはヴィリオンとテシアの姿があった。
エルダーウッドの守り神の意志と同化したテシアは、まだその力を上手くコントロールすることができずにいたのだ。

龍の力を使いながらテシアの元に向かうアーサーは、なんとかその力をおさめることができた。
その姿を見た神だったが、アーサーにはまだ全てのことを話していないようだ。
シルビーには、まだ隠された真実があるということだった。

 

アーサーの周りも成長しようと努力している

前回のイライジャもそうですが、世界で戦争が起こりそうなことに直面しているからこそ、一人一人が成長しようと必死に努力しています。

テシア自身も、アーサーと一緒に戦いたいからこそ、なんとかエルダーウッドの守り神の意志をコントロールしようと必死でしたね。

そして、アーサーとシルビーも成長するために、エフィータスへと向かっていくので、周りの人たちが努力している姿を見ると勇気がもらえそうですね。

 

アーサーがエレノア王国へ向かったのはなぜか

エフィータスへ行く準備をするということで、最初に向かったのはエレノア王国でした。

ここに来た目的は、テシアの力をコントロールできるように助けに行ったのかと考えます。
何か神に言われてきたんでしょうかね。また、最後に神がシルビーのことについて触れていました。

龍=神の存在であることを知ったアーサーでしたが、まだシルビーにはいろいろな謎が隠されていそうなので、その謎を知るのがとても楽しみです。
すべてを話すには、まだ早いということなので、エフィータスで何をするか何を知るのかという展開も気になるところです。

 

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」第128話の感想

第128話でした。今回は神のもとからエレノア王国へと向かったアーサーでしたね。
神から成長するためにはエフィータスに行かなければいけないと言われたアーサーでしたが、準備のために向かったんでしょうかね。

とにかくこの漫画は、話の展開が広いので、拾い集めるのに必死です。
テシアも成長のために必死でしたね。それにしてもエルダーウッドの守り神の意志は強い。

使いこなそうとしても毎回暴走するなんて、恐ろしい力を手に入れたテシアですが、使いこなせるようになったら力強いですね。

エフィータスに行くと、しばらくは帰ってこれないから、今のうちにテシアにコントロールしてもらうためにエレノアへ行ったのかなぁ。
まだまだ展開が読めないですが、今後も楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました